2012年10月23日

雪と暮らすエアサイクルの家



豪雪地域・十日町で暮らす「エアサイクルの家」です。

積雪に備え、完全な高床式としました。
1階の高床部分は車庫、物置とし、生活スペースはすべて2階、3階に配置しました。
2階の玄関に上がるための階段は、上り口に建具を設け、
雪や冷気を防ぐ風除室として利用します。



インテリアは明るい木の色とホワイトを基調とし、
壁面に天然木の板を張った玄関は、訪れる人にもやすらぎを与えてくれます。
木製の手すりは、見た目にも、触った感覚も、やさしい印象です。



家族の集まるLDKは、日当たりがよく明るい場所に配置。
木のぬくもりが目にやさしく、居心地のよい空間となりました。
出窓下のデッドスペースにFFヒーターを設置し、広々と使えるよう設計しました。



リビングの隣には和室を作りました。
昔ながらの趣のある空間は、お客様のおもてなしにも重宝します。



3階には予備室を含め4つの個室があります。
サンルームのある部屋、畳敷きの部屋…それぞれにクローゼットを設け、
来客時や、家族のライフスタイルの変化にも対応が可能です。



トイレ、バスにも手すりを取り付け、住む人にやさしい設計です。
また、「エアサイクルの家」は、冬は家全体を暖かい空気で包むので、
部屋間の移動時にも、温度変化による体への影響は少なくて済みます。
国内有数の豪雪地でも、快適にお住まいいただけます。

竣工 2009年10月
建築地 十日町市 川治上町
延床面積 38.39坪/126.92㎡
構造・工法 布基礎 3階建て 1階:RC造 2・3階:木造
エアサイクル パッシブCm・21工法(公式サイト
お問合せ・ご相談
  1. ホーム
  2. 2012年10月20日«2012年10月23日»2012年11月28日